白いきりん

<< July 2017 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>

スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

- | permalink | - |
<< 遅い夏休み | main | 里芋の煮付け >>

続 遅い夏休み

昨日の続き。

豊島
ヒロタさんの話をひとしきり聞いて、そろそろ本当に時間がなくて…というと、また来てな〜とペットボトルのコーラをくれる。とりあえず行きたかったボルタンスキーの心臓のアーカイブに向かう。間に合わないかなと諦めモードでいたけれど、レンタサイクル屋のおっちゃんに相談したら「おっちゃんがどうにかしたる!」といって、アーカイブも行けたしアーカイブの前の綺麗な砂浜にも行けたし、おっちゃんがフェリー乗り場まで送ってくれて本当にどうにかなってしまった。この日は朝から定食屋のおじさん、ヒロタさん、レンタサイクルのおっちゃんと、何かとおじさんに出会う一日だった。旅のなかで一番晴れて瀬戸内海の島々が青く光っていた。

岡山
岡山城を目の端に入れながら後楽園をぶらぶら。泊まった「とりいくぐる」は楽しいお兄さん2人がやっているゲストハウスで、1Fのカフェの常連らしき人たち(ここにもおっちゃん)のキャラがこゆかった。一番近い銭湯を教えてもらい行ってみる。靴箱がない。そもそもロッカーも鍵がない(以前は付いていた跡はある)。わたしの後から入ってきたおばあちゃんとおばさんの会話が親子のようなのだけど、たぶん違う。今まで入ったなかで一番原始的な銭湯だった。教えてもらったご飯屋さんがしまっていたので喫茶店でナポリタンを食べた。宿に戻ると、お兄さんたちが飲んでいた白ワインのおこぼれをもらう。築地で働いてると言ったらすごい食いついてくれて、今までにないくらい築地について熱弁してしまった。わたしもすっかり築地の人なのだな。

広島
山口で働くたかたと会うために、山口と岡山の中間の広島でお好み焼きを食べよう!ということになり、高速バスで広島へ。岡山と広島、隣の県だけど遠い。山がちな道をぐんぐん行く。駅ビルのなかに沢山お好み焼き屋があって、行列の店とそうでもない店があった。早く入れる店で牡蠣入りのお好み焼き食べた。美味しかったー。そのあと時間があったので、市電で原爆ドームに。たかた元気そうで安心した。姉妹みたいに思うし、頼もしい仲間。そうして広島名物駅弁のあなご飯を買って夕方の新幹線で東京に戻ってきた。

直島って、学生の頃からミーハーな感じがしてた。今回行ってみて、土日を含んだ休みだったから人も多くてどこも混んでいたけど、美術館や作品のまわりでなんだか嬉しい顔の人たちを見てて、わたしも楽しくなった。ミーハーでもなんでもいい。モネの絵のように古典的なアート、実験みたいなアート、これはアートなのか?と思うアート、いろいろあったけど、エネルギーが満ちていた。空と海と山。人と人が近い空気。とてもとても楽しかった。美味しいものばかり食べてからだが重くなった。また粗食の日々に戻ろう、今日は久々に自炊をした。麻婆茄子とかぼちゃと玉子のサラダ、明日葉の味噌汁。10月が30センチくらい背後に迫ってる気配。今年もあっという間だ。

hibi | permalink | comments(0) |

スポンサーサイト

- | permalink | - |

この記事に対するコメント

コメントする










































買っちゃったよ。
もしくはとても欲しい






みんなのブログポータル JUGEM
みんなのブログポータル JUGEM