白いきりん

<< October 2017 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>

スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

- | permalink | - |
<< リアクションペーパー | main | はしる はしる 師走 >>

浅草 まちあるき


ゼミのまちあるきで浅草にいってまいりました

一ヶ月ぐらい前からたのしみでしょうがなかった
初 校外実習!
初 浅草!

集合は田原町一番出口
そこから仏具店街、合羽橋道具街、どぜう飯田屋でどじょう鍋と柳川でお昼
浅草ROX、仲見世通り
長野と新潟の物産展やってました

浅草寺でお参り、浅草神社で神前婚を見て隅田川へ
対岸にはすでに500メートル以上に成長した、東京スカイツリーがそびえ立っている

山谷掘公園では、なにやらカンパ式のフリーライブが行われていて
そこでばったり、こまどりさんと遭遇!
どうやら墨田区の空き缶・新聞条例に反対するライブだったみたい
http://san-ya.at.webry.info/theme/46142af506.html

ゼミ一行で獅子舞に噛んでいただき、山谷掘公園を北上し吉原へ

山谷堀は江戸の時代、船で吉原遊郭へと行くための水の路であったのだという
浅草にはたくさん「〜橋」という地名が残っているのだけど
実際に水路が張り巡らされ、そこに橋がかかっていた跡なのだそう
「明日のジョー」で有名な「泪橋」も普通の交差点だった

閑散としているのに、どこか動物公園前商店街を思い出すいろは商店街を抜けて
ドヤがビジネスホテル街に変わってきているホテル街へ
看板から推測する宿泊値段は3000円〜といったところ、釜ヶ崎より1000円ほど高い
まだ、ちらほら昔から住んでいるであろうおじさんたちの姿もあった

空き缶・新聞条例が施行されて、宿泊代がこれからもっとあがればドヤからも追い出されて
これからますます、おじさんたちはどこに行くのだろう、どうするのだろう

パリのモンマルトルのように、貧困街が時代を経て歴史的に見るべきものに変われば
山谷や釜ヶ崎にも「ひかり」があたるようにのかな、などと考える


今戸神社で縁結び、一葉記念館、飛不動をとおって入谷の中華で晩ご飯

台東区の観光課長さんに案内していただいたので
大通りだけでなく、路地を歩くことが出来たのがとてもよかった

大通りでは隠される、まちに住む人の生活が路地にはあると思う
あるときはおじさんが生活していたであろう山谷堀公園の遊具で、外国人の赤ちゃんが遊んでいる
にぎわう国際通りを少し入れば、地元の人に親しまれる床屋さんや本屋さんがある

「どうしたら観光客のみなさんがリピーターになってくれるのか
どこを見てまた来たいと思うのか、それを僕は君たちの口から聞きたい」
そういって、つたないわたしたちの話に耳を傾けていた観光課長さんの意識の高さがあって
このまちがあるのだと思った


スカイツリーの成長とともに、観光客数も増える

「浅草は平日の夕方が一番おもしろい」と観光課長さんに教えていただいた
またゆっくり、自分でも歩きに来こうと思う

hibi | permalink | comments(2) |

スポンサーサイト

- | permalink | - |

この記事に対するコメント

田原町には、ジャパンパーカッションセンターがあるのよう(^O^)/
ごうだ | 2010/12/14 4:42 PM
そうだったねえ!

どこらへんだろか?
こんど一緒に行ったらおしえてくれ:-)
ちひろ | 2010/12/15 1:08 AM
コメントする










































買っちゃったよ。
もしくはとても欲しい






みんなのブログポータル JUGEM
みんなのブログポータル JUGEM